健康は日常生活の見直しから|人間ドックで大病予防

病院

免疫療法でがん治療

ナース

免疫力を高める

がんの治療方法は、今まで主に3つありました。切開手術によりがん細胞を直接摘出する外科治療、抗癌剤によってがん細胞を破壊する薬物療法、そして放射線を浴びせてピンピントでがん細胞を破壊する放射線療法。この3つを患者の状態に合わせて使い分け、がんを治療することになります。そんながん治療において、近年新たに注目されている治療方法があります。それが免疫療法です。免疫療法とは、その名の通り免疫力を高めてがんを治療するという方法です。少し砕けた説明をしますと、体の中の免疫細胞ががん細胞を攻撃することが判明したため、この免疫細胞を活性化させて治療を行なうというわけです。副作用が少なめのため、体が弱っている状態でも治療が行なえるのがメリットですが、治療に時間がかかるため、必ずしも万能というわけではありません。

将来性の高い医療

免疫療法には種類があり、免疫細胞を活性化させる方法と、免疫細胞の免疫応答を抑えている物質の働きを弱めて結果的に免疫細胞の働きを強くするという方法です。簡単にいえば、前者は免疫細胞のアクセルをパワーアップさせる方法で、後者は免疫細胞のブレーキを壊すという方法です。こちらはどちらにも特徴があるのですが、併用することによってよりがん細胞の治癒効果があるとされ、研究が続けられています。しかし、前述したようにまだ研究段階であり、現在最も効果的とされているのは上記した治療方法です。しかし、免疫療法が確立することで手術や薬、放射線の負担を減らし、健康に近い状態でがん治療を行なえることになるかもしれません。