健康は日常生活の見直しから|人間ドックで大病予防

病院

女性特有のがん

相談

子宮のがん

乳がんは、男性にも発生する可能性のあるがんですが、子宮頸がんは女性にしか発症しないがんです。子宮頸(子宮から膣につながる細い部分のこと。子宮頸部ともいう)に発生するがんの総称であり、子宮がんのうち7割が子宮頸がんです。子宮頸がんは若いうちから発症する可能性も高く、20代後半から30代にかけて上昇し、30代後半でピークに達します。主な症状は生理と生理の間に出血があったり、生理が長くなったり、骨盤の部位に傷みが発症しているといったものがあり、これらの状況の時は子宮頸がんを疑ったほうが良いかもしれません。なお、発症しやすくなる原因として多産であったり、喫煙者であったりといったことが要因として挙げられる他、避妊薬を長期間服用しているのも原因の一つとして考えられています。

検査で確認

子宮頸がんは、早期発見を行なうことでリスクを最小限に抑えて治療できます。しかし、子宮頸がんの早期発見は難しいため、人間ドックや健康診断を定期的に行ない、検査することになります。がんは、細胞の異常増殖が原因であり、子宮頸がんも例外ではありません。そのため、初期段階の癌細胞の量は少ないため、増殖というのは非常にゆっくりと進行するため、深刻な状況まで進行するのに年単位かかることもあります。よって、健康診断や人間ドックは一年に一回行なえばそれだけで子宮頸がんを始めとした様々なガンを初期段階で発見しやすくなります。また、子宮頸がんは自治体によっては無料もしくは極めて安価で検査できるのもポイントです。